カズの日記ブログ

松井秀喜がヤンキースからトレード要因?ツインズへ移籍の裏に・・・

2007.11.27

松井秀喜がヤンキースからトレード要因?ツインズへ移籍の裏に・・・ はコメントを受け付けていません。

松井秀喜がヤンキースからトレード?ツインズへ移籍!その裏には・・・

松井秀喜がヤンキースからトレードで放出される可能性が出てきた。
ヤンキースは先発投手不足からツインズの投手の獲得に動いたのですが
そのトレード要因として松井秀喜の名前が挙がっている。

松井秀喜はヤンキース一筋みたいに思われているが
メジャー市場ではそんなことはなく、トーレ監督が気に入っていたから
これまでトレードの話がなかったものの
松井秀喜はなんどもトレードの話がでていた。

正直なところ、メジャーには松井クラスのバッターはゴロゴロいる。
ただ、松井秀喜がトーレ監督から絶大なる信頼を受けていたのは
なんといっても安定力と守備力を兼ね備えているバッターだから。

しかし、今回のヤンキースの不振から松井の存在が薄くなっている。
松井はホームランとヒットの両方が打てるという位置で
守備位置が定まっていないヤンキースのプレーヤーの一人。

常に守備位置が変わっているが、外野内でいつも変動していた。
そういった外野に関しての守備範囲の広さに関しても
トーレ監督は使いやすかったのだろうが、
そういった選手が必ず必要かといえばそうでもない。

ホームランも打てて、守備範囲も広くて、ヒットも打てる打者は
他にもいるわけで、同様の選手ならもっとすばらしい選手もいる。

いつもイチローと比較されるが、打者という面では
イチローのほうが数段うえの実力を持っているし、
イチローのほうが松井よりもホームランを打てるといったことも想定できる。

ヤンキースでは松井はオールラウンダーな扱いをされてきたので
松井自身も本来のホームラン量産をしたいという考えがあるのならば
ヤンキースにこだわることもないと思うし、
むしろ移籍したほうが4番を定位置にしていけることもあり
そのほうが成績も格段に上がるだろう。

松井はイチローになる必要はなく、あくまでもボンズになるべきだ。

そう考えるとヤンキースにいるということは松井にとってもよくないと思う。
松井秀喜のことを第一に考えると、ヤンキース以外のチームにいったほうが
良い成績を残せるだろう。

ボンズがそうだったように!
[PR]ラルフローレン激安通販
[PR]ヴィトン激安通販
期間限定★JCBに入ってオトク★





なんでもスポーツ! – livedoor Blog 共通テーマ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000000-spn-spo

関連記事

コメントは利用できません。

オススメ

固定ページ

ページ上部へ戻る