カズの日記ブログ

朝青龍ついに帰国!泥酔や離婚サッカー問題の裏側

2007.11.30

朝青龍ついに帰国!泥酔や離婚サッカー問題の裏側 はコメントを受け付けていません。

朝青龍が帰国しましたが泥酔や離婚問題にサッカー問題の裏側にはなにがあるのか?

朝青龍の問題について背景になにがあるのか追求してみた。

朝青龍問題の発端は中田英寿氏とのボランティアサッカーから始まった。
朝青龍は怪我を理由に帰国、次の場所は休むとして帰国したのですが
中田英寿氏とのボランティアサッカーに興じた。

ボランティア精神は申し分ないし、母国モンゴルでは英雄として
あがめられている朝青龍ですので、サッカーをして
子供たちと触れ合う、これじたいには問題ない。
しかし、怪我が理由で帰国したのに、ありえない動きを見せたことで
問題が生じたのだ。

相撲協会的には引退勧告が一番の処分の方向性だったが
現在の相撲界としては朝青龍を引退させるわけにはいかないのだ。

相撲不人気はやはり続いているので
客を呼べる朝青龍はやめさせたくないのだ。

朝青龍の裏側には色々とそういった兼ね合いがあるが
結局はモラルの問題。

内舘牧子氏の意見が一番まっとうな気がする。

反省はしている印象は受けたが、引退勧告を告げたと同然だと
いう意見には賛成できる。

早く言ってしまえば、相撲審議会的には
朝青龍は引退した選手としての認識をしている。

つまり、朝青龍は引退して復帰したという力士という
認識が強いのだろう。

朝青龍問題はこれでひと段落付いたが
離婚問題に、泥酔問題、ホステスとの淫行などなど
朝青龍についてはモラルについての問題が尽きない。

その点に関しては親方と、相撲協会の裏の会議で今後の
方向性が決まっていくのだろう。
ドルジ 横綱・朝青龍の素顔 (講談社文庫)

スポーツあれこれ – livedoor Blog 共通テーマ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000934-san-spo

関連記事

コメントは利用できません。

オススメ

固定ページ

ページ上部へ戻る