カズの日記ブログ

若槻千夏が24を開設!古着販売はいつからなのか?

2008.02.27

若槻千夏が24を開設!古着販売はいつからなのか? はコメントを受け付けていません。

若槻千夏が24という公式サイトを開設した。そこでは古着を販売するそうです。

若槻千夏さんは、グラビアからデビューして、またたくまに
バラエティーなどで活躍していました。

しかし、去年急遽事実上の引退となり、今後は古着販売を行うとか。

ロスに移住?し、古着の買い付けを現在行っている状況だ。
ちなみに、若槻千夏24というオフィシャルサイトで直接古着を
販売するのではなく、ヤフーのサービスを利用して古着を販売するそうです。

古着販売というのは、それほど難しいものではない。

ロスなどのローズボールと呼ばれる、大きなフリマがあるのですが
そこ全米各地から古着の卸業者や一般の人たちが古着を集めて
古着を売っている。

一般的にはこのローズボールで買い付けるのが普通。
しかし、そこではなく直接ロスにある古着の卸業者と交渉をして
ローズボール以外のきちんとした?古着を買い付けることも可能。

そういった業者はたくさんあり、実際に日本の有能な古着屋さんは
そこで買い付けて、状態のよい古着を手に入れている。

若槻千夏のオフィシャルブログによれば、そういった業者を回るようだ。

しかしそこで問題が。

英語を話せるのか話せないのかが問題ではなく、
そこで買い付けるにはある程度案内人というか、そういった事情に詳しい人を
見つけておくことが良い古着を見つけるこつ。

そうでないと、一本500円程度のリーバイスでも、
場合によっては信用できないとの理由で3000円くらいで卸をされて
しまうことも多々ある。

個人で行うにはやはり始めは事情通の誰かと行動したほうが
良い古着を見つけられる。

若槻千夏もそういった事情通の人間と行動していると思われるが
それでも新参者にはちょっと厳しい仕入先だ。

やはり始めのうちはローズボールで買い付けを行い、
慣れてきたらロスの卸業者と交渉したほうが身のためでしょう。

それに、船便で輸送するのが一般的だが、ある程度、信用できる相手でないと
支払いを済ませたのに、商品が少なくなっているとかという事も少なくはない。

そういった古着仕入れの難しさはあるが、には今後もがんばって
もらいたいと思う。
若槻千夏―チナッティー/ホノルルと神田の関係

若槻千夏  – livedoor Blog 共通テーマ

関連記事

コメントは利用できません。

オススメ

固定ページ

ページ上部へ戻る