カズの日記ブログ

上原浩治がFA行使でメジャー挑戦!その裏に・・・

2008.04.07

上原浩治がFA行使でメジャー挑戦!その裏に・・・ はコメントを受け付けていません。

上原浩治がついにFAを行使してメジャーに挑戦することがあきらかに!

巨人の上原浩治がFAを行使してメジャーリーグへ挑戦することを明らかにした。上原浩治はこれまでメジャー挑戦の意識が高く、松坂よりも先にメジャー挑戦を口にしていた。FAを使う前に、ポスティングでのメジャー挑戦を示唆していたのだ。

しかし、巨人は投手力不足ということもあり上原浩治をたとえFAだとしてもメジャー挑戦させるということをさけてきた。もちろんポスティングなんかはもってのほかだ。巨人としてはただでさえ先発投手不足で、低迷している巨人の成績から見ると、何でもこなせる上原浩治を簡単に手放すわけには行かないのだ。

上原浩治がブログで具体的なメジャー挑戦の意向を発表したかはわかならないが、ブログでも今後具体的なことを書き記していくだろう。ちなみに、これまでメジャー挑戦してきた選手のほとんどはすでにメジャーリーグから誘いを受けているケースが多い。つまり、メジャー宣言するときはすでにオファーがいくつも来ている上体なのだ。

上原浩治も例外ではなく、レッドソックスやサンフランシスコジャイアンツやヤンキース、または、インディアンスなどからすでにオファーをもらっているとされている。アメリカのメジャーリーグのスカウト達はもうすでに上原の調査を終えており、熱狂的なメジャーのファンからは、日本人なら上原がチームに来て欲しいとファンからの声もあがっているのだ。

上原浩治は松坂とも仲が良く、桑田を尊敬している。ともなれば、メジャー挑戦を行わないわけがない。すでに数年前からオファーが着ている状態なので、来期のメジャー移籍はほぼ確定といっても過言ではない。

となると、気になるのがどのチームに移籍するかだ。巨人はヤンキースと強いパイプを持っており、オーナーはヤンキースオーナーと仲がよい。松井もヤンキースだし、一番確立が高いのはヤンキースではないだろうか?

その次が、ドジャース。ドジャースは日本人投手の獲得になれている。環境も整っているということで選手からも生きたいという声がある。しかし、ドジャースもヤンキースも上原が移籍したところでファンとしては面白くない。マリナーズもしかりだ。

レッドソックスもそうだ。個人的な見解からすると、パイレーツに移籍して桑田のリベンジを諮ってもらいたい。
[PR]二の腕痩せ
[PR]住民税の還付
[PR]ランクル60
[PR]ラベットラ
[PR]ラフォーレ修善寺



野球 – livedoor Blog 共通テーマ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080407-00000047-mai-base

関連記事

コメントは利用できません。

オススメ

固定ページ

ページ上部へ戻る