カズの日記ブログ

少林少女の感想

2008.05.05

少林少女の感想 はコメントを受け付けていません。

少林少女の感想と評価をレビュー形式で書いていきます!

少林少女を見てきました!柴咲コウさんと岡村隆史さん、そして仲村トオルさんに江口洋介さんが出演ということで、非常に楽しみにしていた映画なのでワクワクしながら映画館に。監督は本広克行さんで、プロデューサーが亀山千広さんということで、映画自体のデキというか、完成度も高いと思われていたし、話題になっていますね。

ここからは少林少女のネタバレにもなりそうなので、慎重に読んでくださいね。まず、第一のポイントは、柴咲コウさんが地元の駅に着くシーン。このシーンはストーリーには関係ないですが、踊る捜査線マニアなら、グッとくるシーンが2つあります。一つは、駅員さん。それと、バス停かなんかの看板。これはかなりそそられるモノがあります。踊る捜査線とスピンオフを見ている人ならかなりグッときますよ。

少林少女の感想はここから。全体的には、良い意味で物足りないです。というのも、ストーリーの展開の中での書くキャラクターの背景などがあまり語られてないから。もしかしたら、スピンオフを考えているからこその展開なのかもしれませんが、良い意味で物足りないです。逆に言えば、各キャラクター一人一人が確立されているっていうことなのかもしれませんね。本広監督と亀山プロデューサーらしいといえばらしい。

特に、岡村隆史さんのキャラクターの背景をもっと知りたかったのと、仲村トオルさんのキャラクターの背景を知りたかった。どうして、ああなっているのか?どうしてあんなことをしてきたのか?映画の中である程度は察しがつくし、せりふとしても発言されているので想像は付くけど、そこらへんはもっと知りたかったな。

全体的におもしろいことには面白い。ただ、主要キャラクターのキャラがたっているがために、良い意味で物足りなさを感じてしまいました。

もうちょっと詳しい内容は次回、書きます!
[PR]スパークリングファンデーション


関連記事

コメントは利用できません。

オススメ

固定ページ

ページ上部へ戻る