カズの日記ブログ

コリンズ監督辞任の理由

2008.05.21

コリンズ監督辞任の理由 はコメントを受け付けていません。

オリックスバッファローズのコリンズ監督が電撃辞任をしましたね。理由はよくわかりませんが、その裏側に迫ってみたいと思います。

オリックスバッファローズのコリンズ監督はメジャーリーグ流の指揮をとり、又、監督としての手腕もメジャーリーグ流になるという期待の元、オリックスバッファローズの監督に就任。しかし、それほど目立った成績を残すことができず、シーズン途中で辞任という形になってしまいました。

コリンズ監督は正直なところ運に恵まれていなかったのではないでしょうか?主力選手として清原・中村ノリ・ローズを獲得したのですが、目だった成績は残せていなかった。清原にいたっては故障の連続だし、中村ノリは首脳陣や経営陣ともめた件で、結局、目だった活躍はしなかった。唯一、活躍したのがローズ。しかし、日本の野球界で残してきた成績はそれほど残していない。コリンズ監督にとって予想外のことが起きすぎたのではないでしょうか?

コリンズ監督は辞任会見で、「戦う意欲がなくなった」とのコメントを残しているが、事実上は解任ということになるではないでしょうか?サッカー界ではこういったシーズン途中で解任という監督はいるのですが、日本のプロ野球界ではそれほど多くはないのが現状。異例なこととなってしまいました。

コリンズ監督は外国人選手からの信頼も厚かったし、他の選手からも信頼は厚かったそうですが、どうも日本の野球界にあわなかったのではないでしょうか?球団再編の際にオリックスは色々ともめたというか、問題が起きてしまいましたが、その影響の尾を引いているのが現実なのでしょうか?

オリックスには清原もいる、ローズも、カブレラも、ラロッカもいる。かなりの重要打線だがなかなか勝利に遠い。今後、清原の復帰と、大石新監督の下、優勝争いに早く絡んでもらいたい。

短期借入金
ロクシタンハンドクリーム


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080521-00000985-san-spo

関連記事

コメントは利用できません。

オススメ

固定ページ

ページ上部へ戻る